放送番組基準

 

  由利本荘市のケーブルテレビは、市全体に格差のない独自のサービスが提供できる放送と通信を融合した情報基盤施設であり、「人と自然が共生する躍動と創造の都市」を将来像として「地域の一本化」と「地域全体の成長発展」を目的とする市総合計画を推進し、市民の心を一つにして人々自らが市全域で活き活きと躍動する、市民参加のまちづくりを推進します。

そして「多くの顔、声を伝える」市民のケーブルテレビとして地域生活にうるおいとやすらぎをもたらすとともに、都市生活以上の情報サービスを提供し、利便性の向上と安全安心の生活を守ります。

 

由利本荘市のケーブルテレビの自主放送は、放送法第5条の規定に基づき、次の基準により行うものとする。

 

 

1. 人格・人権・名誉

(1)市民の要望を満たすと共に、人権を守り、人格を尊重する。

(2)個人や団体の名誉を傷つけたり、信用を損なうような放送はしない。

(3)職場を差別的に取り扱う放送はしない。

 

2. 宗教・信仰

(1)宗教に関する放送はしない。

(2)信仰の自由を尊重し公正に取り扱う。

 

3. 政治・経済・法

(1)政治上の諸問題は公正に取り扱う。

(2)経済上の諸問題で、一部に大きな影響を与える恐れのあるものについては特に慎重に期す。

(3)公判中の問題については慎重に取り扱い、法的措置を妨げることに繋がる放送はしない。

 

4. 児童・青少年

(1)児童及び青少年に与える影響を考慮した放送を行う。

(2)児童及び青少年の品格を損なう表現は避ける。

 

5. 家族・社会

(1)市民生活を尊重し、これを破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。

(2)社会の秩序、安全及び公共の利益を乱すような放送はしない。

(3)人命を軽視するような言動及び暴力行為は、どのような場合も認めない。

(4)災害などの緊急事態の事柄はすすんで放送し、人命を守り、災害の予防と拡大防止に寄与する。

 

6. 表現

(1)わかりやすく適正な言葉づかいと文字の普及に努める。

(2)不快な感じを抱かせる下品な言葉づかい、卑猥な表現は行わない。

(3)人心にむやみに不安や動揺を与えるような表現はしない。

(4)放送内容・放送時刻については市民の生活状況を十分に考慮する。

 

7. 訂正

(1)放送が事実と相違していることが、明らかとなった時は、すみやかに取り消す、または訂正する。

 

8. その他

(1)原則として事件・事故は放送しない。

(2)この基準に定めない事項については、日本ケーブルテレビ連盟放送基準を準用する。

 

 

 

<日本ケーブルテレビ連盟放送基準リンク先>

http://www.catv-jcta.jp/upload/housoukjun_120314.pdf


 

| トップページへ |